症状別の悩みコラム 杉並区阿佐ヶ谷の研身整体院(南阿佐ヶ谷)

ご予約・お問い合わせはコチラ

03-5929-1577

阿佐ヶ谷の整体で人気口コミ評価が高い研身整体院の受付時間 10:00〜20:00 (土日祝は〜19:00)/ 定休日 毎週火曜日(臨時休業あり)

阿佐ヶ谷 整体 研身整体院

みなさん、こんにちは!
杉並区阿佐ヶ谷の整体、研身整体院の院長、小池研身です。

背中がこっていて重だるい、パンパンに張って夜も目が覚める……。
そんな背中のこりを放置すると、次第に呼吸も浅くなってしまいます。
息苦しさを感じている方は、背中のこりが原因かもしれません。

そこで今回は、背中のこりと呼吸の関係をはじめ、
こりを招く原因や整体による対策などご紹介します。

背中のこりと呼吸の関係は?

そもそも、どうして背中がこると呼吸が浅くなるのでしょう?
理由は背中の筋肉が呼吸をサポートする役割を果たしているため。
背中の筋肉がこることで、うまく呼吸できなくなってしまうのです。

私たちの筋肉には、呼吸筋と総称される筋肉がいくつもあります。
これらの筋肉がスムーズに収縮することで、胸の空間を広げ、
空気が出入りしやすい状態、呼吸を行っています。

呼吸筋に含まれないものの、間接的に呼吸に携わっている筋肉もあります。
背中にある「僧帽筋」(そうぼうきん)や「小菱形筋」(しょうりょうけいきん)
そして「大菱形筋」(だいりょうけいきん)などの筋肉です。

僧帽筋はフランスの僧侶の帽子に似ていることから名づけられた筋肉。
とても大きく、首から始まって肩全体を覆い、背中にまで及びます。

大きいだけに影響を受けやすく、何らかの原因でしばしば緊張してしまいます。
すると、僧帽筋の下にある小菱形筋や大菱形筋まで硬くこわばって、
筋肉の収縮がうまく行われなくなってしまいます。

結果、胸の空間の開閉がうまく行われず、呼吸が浅くなるのです。

背中のこりの原因は?

では、そもそも背中のこりは、なぜ起こるのでしょう?
背中のこりの原因は、ほとんどが筋肉疲労による血行不良。
中には、自律神経や内臓疾患が関係しているケースもあります。

背中のこりを解消するためには、原因を把握することが大切。
それぞれの原因について、詳しい内容をご説明します。

1) 筋肉疲労

背中のこりの原因で圧倒的に多いのが、筋肉疲労による血行不良です。
筋肉疲労を起こす主な原因は、長時間のパソコンやスマホの使用、
インナーマッスルの筋力不足、猫背などが挙げられます。

関節痛

さらには、猫背のように背中の筋肉にトラブルがあると、
反対側にあたる腹部の筋肉も疲労を起こしやすくなります。

背中が筋肉疲労を起こしている場合は、腹部の筋肉も見て、
合わせて、適切なアプローチをすることが重要です。

2) 自律神経

また、自律神経が関係している場合があります。
自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類あり、
シーソーのようにバランスをとって活動していますが、

過度のストレスがかかると、交感神経優位の状態が続き、
すると筋肉は緊張し、硬くこわばってしまうのです。

交感神経優位になると血圧が上昇し、脈が上がるなど、
緊張状態が続き、いわゆる「攻撃的な状態」になります。
できるだけ深呼吸を心がけ、リラックスして過ごしましょう。

3) 内臓疾患

背中のこりが、内臓疾患からきている場合もあります。

胃の後ろ側にあたる背中にも、こりや痛みが及ぶ場合があり、
心臓に何らかの疾患がある場合も、背中に影響が及び、
こりや痛みを感じてしまうというケースがあります。

このように、一言で背中のこりと言っても、
重大な内臓疾患が関係している場合もありますので、
強いこりや痛みを感じたら、受診することをオススメします。

特に、張り裂けるような背中の痛みが出た場合は要注意。
すみやかに医療機関に行き、医師の診断を受けてください。

その際、バイタルチェックができる状態ならしてください。
体温と脈拍、血圧、呼吸の4つを総称してバイタルサインと呼び、
機器を使って計測することを「バイタルチェック」と呼びます。

脈が飛んだり、あまりに速かったりするような場合は、
医療機関で申請し、正確な検査を受けることが大切です。

背中のこりを取り除く整体施術

筋肉疲労や自律神経の乱れから背中のこりが出ている場合は、
整体によって、解消のための施術を行うことが可能です。

当院では、不調のもととなる骨盤の状態を整えた上で、
主に次のポイントを重視して施術を行っていきます。

1) 背骨へのアプローチ

背骨に対しては、まず、詰まりをとるアプローチを行います。
背骨の詰まりが生じる主な原因は、私たちの身体にかかる重力。
常に背中に重力がかかり続けることで背骨は詰まってしまいます。

不調に傾く身体

触診後、詰まりがあると判断したら、身体の状態に合わせ、
適切なアプローチ方法で解消のための施術を行います。

2) 背中の筋肉へのアプローチ

背中の筋肉は先ほどお伝えした僧帽筋など、
菱形筋群へのマニュピレーションを行います。

マニュピレーションとは、いわば「ほぐし」です。
筋肉繊維の方向や関節の動きを考慮しながら筋肉をほぐし、
背中の筋肉の強いこりや張りを、無理なく軽減していきます。

3) 自律神経へのアプローチ

背中のこりを取り除くためには、自律神経も重要な要素です。
筋肉の疲れをとったとしても、自律神経が乱れた状態では不十分。

またすぐに、筋肉に疲労がたまってしまう結果になります。
内臓に適切な刺激を与えて、自律神経のバランスを整えます。

深く呼吸することは、健康に生きること

深い呼吸ができることは、健康を保つ上で重要なこと。
しっかり呼吸することで、新鮮な酸素が全身に送られて、
その結果、不要になった二酸化炭素が体外へ排出されます。

このような一連の流れがスムーズに行われなくなったら、
次第に身体の中が澱み、トラブルが起こる可能性があります。

「たかが呼吸、されど呼吸」という言葉のとおり、
もしも、呼吸が浅くなっているなと自覚しているなら、
背中のこりが呼吸に影響を与えているのかもしれません。

息苦しさなど感じている場合は、ぜひ当院にご相談ください!

ひどい肩こりや腰痛、産後の骨盤矯正などでお悩みの方へ
口コミサイトで常に高評価!阿佐ヶ谷の整体なら杉並区の研身整体院
JR阿佐ヶ谷駅から徒歩5分、体の歪みを根本から改善します!

割引クーポンと紹介特典も!
初めて来院されたお客さまに限り「10%割引」いたします。また、初来院の方を一緒にお連れいただくと、紹介者割引として紹介した方と紹介された方、お二人さまとも「10%割引」させていただきます。※こちらのクーポンページをご記入の上、来院の際にお持ちください。エキテンクーポンもご利用可能です。

特典クーポンはこちら

電話:03-5929-1577    受付:平日/10時〜20時  土日祝/10時〜19時

みなさん、こんにちは!
杉並区阿佐ヶ谷の整体、研身整体院の院長、小池研身です。

膝の痛みがあって正座出来ないと、辛いだけでなく何かと不便で、
法事のときや座敷での食事のときなど、長時間座っていられません。

その痛みは、変形性膝(しつ)関節症の初期症状かもしれません。
O脚の場合は症状が進みやすい傾向があるため、早めの対策が必要。
変形性膝関節症の原因や、当院の施術内容のポイントをお伝えします。

膝の痛みで正座出来ない……

加齢と共に生じる膝の痛みの中で、もっとも多いのが「変形性膝関節症」。
変形性膝関節症は、膝の軟骨がすり減ることで痛みが生じる病気で、
特に、50代以上の女性に多く見られるのが特徴です。

足を痛めたお婆さん

膝の痛みによって正座が出来ない他、階段の上り下りのときに痛みが出たり、
長時間歩いていると痛みが出たりと、負担がかかることで痛みが生じます。

50代以上で思い当たる症状が複数あるなら、年齢のせいだからと考えず、
なるべく早いうちに対策をしておくことが大切です。

O脚の場合は、症状が進みやすい傾向あり

変形性膝関節症で気をつけなくてはいけないのが、もともとO脚の場合。
O脚は、両脚が外側に開くように変形し、膝と膝の間が開いてしまった状態。
日本人女性に多く、自覚がない人を含めて8割がO脚であるとも言われています。

O脚は見た目を気にする方が多いのですが、健康にも悪影響を及ぼします。

膝に関しては、O脚の状態だと、膝の内側に過度の負担がかかります。
その状態が持続すれば、膝の関節軟骨のすり減りを早めることに……。
つまりO脚の場合、変形性膝関節症が進みやすいということ。

O脚の方が変形性膝関節症の症状を感じたら、早めの対策をおすすめします。

まずは、整形外科で確定診断を!

膝の痛みで正座ができず、「変形性膝関節症かも?」と思ったら、
まずは整形外科に行き、レントゲンを撮って確定診断を受けましょう。

変形性膝関節症であると診断されたら、薬や注射などを用いた治療が行われます。
ただしあくまで対症療法であり、変形性膝関節症とO脚の両方を改善するなら、
整体施術によって、膝周りの状態を整えることが重要です。

当院では、次のような内容で、変形性膝関節症に対する施術を行います。

※方針と主な施術

膝にかかっている負担を取り除くことが、痛み改善への近道です。
そのためには、膝にある半月板と膝周りの筋肉がカギを握っています。

半月板は膝を構成する大事なパーツ。膝への衝撃をやわらげ、
関節の可動域を適切に保ってくれる大切な役割も果たしています。
施術では半月板の状態を確認し、関節の可動域を改善する施術を行います。

キネシオテーピング法

また、膝に負担がかかった状態が続いていると、
膝まわりの筋肉が知らない間に過緊張を起こしており、
さらなる膝への負担を招いてしまう原因になってしまいます。

膝周りの筋肉の緊張をとり、こわばった状態をほぐすことで、
膝への負担を取り除き、同時に筋肉の緊張による痛みも和らげます。

O脚の場合は、O脚の原因と思われる筋肉を活性化することで、
O脚改善につながる施術を行い、膝周りにかかる負担を軽減します。

もちろん、すべての基礎となる骨盤調整は必須ですし、
場合によってはテーピングも施して、その後の経過を観察します。
自宅で行う運動の説明もするため、続けることで改善が早くなります。

※通院期間の目安

通院は基本的に、最初は週に1回ご来院いただきます。
その後は症状の度合いや改善具合など個人差もありますが、
2週間に一度、3週間に一度といった間隔でお越しいただきます。

もちろん、症状の改善が早い場合は月に一度でも大丈夫。
状態を見ながら最適な通院頻度や期間をお伝えします。

膝の痛みで正座が出来ないなら、早めに相談を!

膝の痛みで正座が出来ないだけでも、放置すると、
膝に水がたまったり、長時間歩くのが辛くなったりと、
さらに症状が進み、改善にも時間がかかる可能性があります。

変形性膝関節症は、膝にかかる負担を取り除くことで、
改善の期待ができる症状です。ぜひ早めにご相談ください!

ひどい肩こりや腰痛、産後の骨盤矯正などでお悩みの方へ
口コミサイトで常に高評価!阿佐ヶ谷の整体なら杉並区の研身整体院
JR阿佐ヶ谷駅から徒歩5分、体の歪みを根本から改善します!

割引クーポンと紹介特典も!
初めて来院されたお客さまに限り「10%割引」いたします。また、初来院の方を一緒にお連れいただくと、紹介者割引として紹介した方と紹介された方、お二人さまとも「10%割引」させていただきます。※こちらのクーポンページをご記入の上、来院の際にお持ちください。エキテンクーポンもご利用可能です。

特典クーポンはこちら

電話:03-5929-1577    受付:平日/10時〜20時  土日祝/10時〜19時

みなさん、こんにちは!
杉並区阿佐ヶ谷の整体、研身整体院の院長、小池研身です。

階段の上り下りのときに膝が痛むけれど、平坦な場所では問題なし。
こんな場合、放置していいものかどうか迷う方も多いのでは?

膝の痛みが階段の上り下りで出る場合、変形性膝関節症の可能性があります。
まずは、病院で確定診断を受けた上で、整体での施術をおすすめします。
変形性膝関節症の症状や原因、整体による対策について解説します。

変形性膝関節症の症状や原因とは

変形性膝関節症は「へんけいせいしつかんせつしょう」と読みます。
膝関節の軟骨がすり減ることによって、痛みを感じる病気です。

大きな特徴は「男女比1:4」と、圧倒的に女性が多いこと。
高齢者になるほど増えるため、50代以降は特に注意が必要です。

※主な症状
変形性膝関節症の主な症状は、「膝の痛み」「水がたまる」
痛みは階段の上り下りで、特に下りのときに出やすいのが特徴。

※原因
変形性膝関節症の主な原因は、「加齢」と「膝への負担の蓄積」です。
年齢を重ねることで骨がもろくなり、長年蓄積された負担によって、
骨がすり減ることで、症状が出やすくなります。

※なりやすい人
変形性膝関節症になりやすい人は、次の通りです。

  • ・運動不足の方
  • ・肥満気味の方
  • ・骨がもろく、弱い方
  • ・激しいスポーツをする方
  • ・О脚またはX脚である方

どうして階段だけ膝の痛みが出る?

では、階段の上り下りのときに症状が出やすいのはなぜでしょうか?

それは、平坦な場所を歩くときと比べて、膝への負担がかなり大きくなるため。
階段の昇降時にかかる負担の大きさはご自身の体重によっても異なりますが、
3~5倍、人によってはなんと約8倍もの負担がかかるとも言われています。

たとえば体重が50kgの方の場合。階段を上り下りするときの膝には、
負担が大きい方なら400kgもの圧力がかかっているということです。

関節痛の男性

変形性膝関節症の症状をやわらげるには、なるべく負担をかけないことが大切。
肥満気味であれば減量し、なるべく正座はしないように心がけましょう。
膝を屈曲させる太もも裏の筋肉を鍛えて、強化することも大切です。

当院の膝の痛み対策整体のポイント

膝の痛みが階段の上り下りのときに感じられるなら、
まず整形外科に行き、変形性膝関節症か診断してもらいましょう。
レントゲンを撮れば、変形しているかどうかがすぐに分かります。

整形外科での治療は、痛み止めの内服薬や外用薬の使用、
さらに膝関節内へのヒアルロン酸の注射などが中心となります。

ただし整形外科での治療は、あくまで対症療法が中心となります。
改善を目指すなら、併せて整体での施術を受けることをおすすめします。
膝にかかっている負担を取り除くことが、膝の痛み改善への近道ですから。

当院では、すべての基礎となる骨盤の調整を丁寧に行った上で、
主に次の3つのポイントを重視して、施術を行います。

1) 半月板の可動域を広げる

変形性膝関節症の場合、半月板を正常な状態にすることも重要です。
半月板は膝の重要な組織の一つ。膝の中では損傷することが多く、
スポーツをしている方ならおなじみの部位でしょう。

膝への衝撃をやわらげる他、関節の可動域を適切に保つ役割を果たします。

施術では半月板を触診して、適切なアプローチを行います。
エンドフィール(いわば可動域の最終ポイント)を改善しながら、
関節の可動域を無理なく広げ、膝にかかる負担を軽減します。

2) 膝周りの筋肉の緊張をとる

施術では、膝周りの筋肉の緊張をとる施術も丁寧に行います。
変形性膝関節症の痛みは、膝そのものの痛みだけではありません。

膝周りの筋肉が過剰に緊張したり、可動域が狭まったりすることで、
膝に痛みの症状が出る場合も多々あるのです。痛みを改善する、
カギを握っているのは、次の二つの筋肉です。

  • ・大腿二頭筋 …… 膝関節を曲げるための主な筋肉
  • ・大腿四頭筋 …… 膝関節を伸ばすための主な筋肉

これらの筋肉にアプローチすることで、緊張を取り除きます。

3) 再発を防ぐための調整とアドバイス

その他、再発を防ぐための調整とアドバイスにも力を注いでいます。
O脚や鷲足炎(がそくえん)があると、再発の可能性が高くなり、
そのため、変形性膝関節症だけではなく、改善も目指します。

鵞足炎とは、ひざ内側の腱が集中する箇所(鵞足)に炎症が起き、
痛みを生じるもの。この場合、テーピングで調整を行います。

また、膝の痛みを取り除くには、姿勢や重心のかけ方も重要。
膝に負担がかからない体重のかけ方や歩き方、筋トレの方法など、
毎日の生活を送る上でぜひ知っておきたいポイントをお伝えします。

キネシオテーピング法

健康の基本は歩くことから始まります!

膝の痛みで階段の上り下りに不便が生じると、毎日大変です。
年齢のせいだからと放置すると、症状が進む可能性があります。
気になる場合は、まずはぜひ整形外科での診断を受けてください。

変形性膝関節症と診断された場合、当整体院では膝の負担を、
取り除くための施術を行い、無理なく症状改善へ導きます。

歩くことは、健康を保つ上で重要なもので、基本的なことです。
おろそかになると、全身の筋肉や心肺機能にも影響を及ぼしかねません。
階段の上り下りなどに、膝の痛みを感じたら、早めに当院にご相談ください!

ひどい肩こりや腰痛、産後の骨盤矯正などでお悩みの方へ
口コミサイトで常に高評価!阿佐ヶ谷の整体なら杉並区の研身整体院
JR阿佐ヶ谷駅から徒歩5分、体の歪みを根本から改善します!

割引クーポンと紹介特典も!
初めて来院されたお客さまに限り「10%割引」いたします。また、初来院の方を一緒にお連れいただくと、紹介者割引として紹介した方と紹介された方、お二人さまとも「10%割引」させていただきます。※こちらのクーポンページをご記入の上、来院の際にお持ちください。エキテンクーポンもご利用可能です。

特典クーポンはこちら

電話:03-5929-1577    受付:平日/10時〜20時  土日祝/10時〜19時

2 3 4 5 6

阿佐ヶ谷 人気 整体 研身整体院 肩こり・腰痛・産後骨盤矯正・カイロプラクティック・マッサージ
阿佐ヶ谷 人気 整体 研身整体院には、「マッサージを受けてもその場だけ」「楽な身体が持続しない」など「いろいろ試したけど無駄だった」という方が多く来院され、当院独自の「歪みを正し、体幹を強化する施術」により、痛みから卒業されています。

03-5929-1577

阿佐ヶ谷 人気 整体 研身整体院の【受付時間】 10時〜20時 (土日祝は〜19時まで)/ 定休日 毎週火曜

  • 阿佐ヶ谷 人気 整体 研身整体院へのご予約・お問い合わせ
  • 南阿佐ヶ谷 整体サロン 研身整体院へのアクセス地図

杉並区阿佐ヶ谷の研身整体院には、南阿佐ヶ谷・高円寺・荻窪・西荻窪・中野区の他、江東区・目黒区・大田区・世田谷区
豊島区・北区・板橋区・足立区・葛飾区・横浜市内・川崎市内・千葉県内などから、多くのお客様にご来院頂いてます。

初回限定!割引クーポン

整体院の特徴と方針

研身整体院の特徴と施術方針とは?

研身院長ってどんな人?

年別のコラム記事は…

定休日 臨時休業 臨時営業 時間変更

  • お役立ち情報満載、メールマガジン
  • クレジットカード利用可能