症状別の悩みコラム 杉並区阿佐ヶ谷の研身整体院(南阿佐ヶ谷)

ご予約・お問い合わせはコチラ

03-5929-1577

受付時間 10:00~20:00 (土日祝は~19:00)/ 定休日 毎週火曜日(臨時休業あり)

症状別の悩みコラム 杉並区阿佐ヶ谷の研身整体院(南阿佐ヶ谷)

みなさん、こんにちは!
杉並区阿佐ヶ谷の整体、研身整体院の院長、小池研身です。

夜になると足の裏が熱い、足のほてりが気になって眠れない……。
そんな症状を経験する方は、意外と多いようです。

熱いのを冷ましたいからと、布団から足だけを出していませんか?
夏なら、クーラーの冷風が足に当たったまま、眠っていませんか?

もしかすると、逆効果になっているかもしれません。
なぜなら、ほてりの原因が“血行不良”かもしれないためです。
足の裏が熱い本当の原因を知って、「快眠」を手に入れましょう。

寝起きする女性

整体師として、血行不良と身体の不調の関係を見てきた経験から、
就寝前の足のほてりに悩む方のために、原因や対策をお伝えします。

ある程度の足裏のほてりは、自然な現象

足の裏が熱い、とにかく冷たいところに押しつけたくなる……。

毎晩足の裏だけがほてると「もしかして、何か病気かも?」と、
心配になってしまう方もいることでしょう。

とあるお客さまのご主人も、夏になると「足が熱い」と言って、
必ず布団から片足だけ出して眠るそうです。

奥さんはエアコンの風が当たるのが気になって、布団をかけるそう。
「でも、 “熱いから”と怒られます」と言っておられました。

実は、就寝前に足裏が熱くなるのは自然なことです。

眠る前、身体は体温を下げようと働きかけます。
たとえば足の血管を広げることで、足から熱を発散させます。
そのため、足裏が熱くなっているように感じるのです。

足のほてり

赤ちゃんも、眠たくなると手足が温かくなりますよね?
大人も眠る前に、同じ現象が起きているのです。

要は足裏がほてるのは、身体が眠る準備をしているということ。
一時的に温かくなるだけなら、あまり気にする必要はありません。

眠れないほど足裏が熱い!その原因、実は血行不良かも?

ただし足裏が熱すぎる場合、ましてや眠れない場合は要注意です。

なぜならほてりの原因が“血行不良”かもしれないから。
血行にアプローチしなければ、症状が悪化する可能性もあります。

なぜ、血行と足のほてりが関係するかと言うと……。

血行が悪くなると、身体は血行を促そうと懸命に働きかけます。
その結果、血液が集中して足裏がほてってしまうのです。

夏の足が血行不良になる原因は、大きく分けて2つあります。

原因(1)冷え

足が血行不良になる主な原因は、「冷え」です。

気温が低い冬はもちろん、夏も決して油断できません。
エアコンの効いた部屋にいることで、身体は意外と冷えています。
冷たい物を大量に飲むのも、冷えの原因です。

実際に、当院に来られる方の足を触ったとき、
真夏でもひんやりしていることが多々あります。
ぜひ夏こそ靴下を履くなどして、冷えに注意してください。

原因(2)立ちっぱなしや激しい運動

血行不良の原因として、立ちっぱなしや激しい運動などによる、
脚の筋肉疲労も挙げられます。

立ち仕事中心の方や、身体を激しく動かすことが多い方の場合、
筋肉が疲労して、血行が滞りがちになってしまいます。
エアコンによる冷えが加われば、さらに血行不良が進みます。

当院に「脚がだるい、重い」と言って来られる方を施術すると、
「楽になった」「ポカポカしてきた」とおっしゃいます。

足裏がほてって眠れない方は、血行不良になっていないか、
ご自身の生活スタイルをぜひ、一度振り返ってみてください。

足の裏が熱い!そんなときの対策は?

足裏のほてりが気になる方は、布団から足を出して眠ったり、
冷たい湿布を貼ったりして、冷やそうとする方が多いようです。

熱いわけですから、冷やすとひんやりして心地いいのは事実。
でも血行不良が原因なら、冷やすのは逆効果です。
血行が良くなるように、働きかけてあげましょう。

足裏が熱いときに取り入れたい、3つの対策をお伝えします。

▼足裏のほてり対策(1)半身浴や足湯などで、足の血行を促す

足の血行を促すなら、やはり温めることが大原則です。

できれば半身浴で、じっくりと全身を温めましょう。
もっと手軽な足のほてり対策として、こまめな足浴もおすすめです。

足浴の温度は40℃ぐらい、時間は10~15分が目安です。
汗をかかない程度の温度と時間で、なるべく毎日行ってください。

足浴を終えた後は、できれば足全体をマッサージしましょう。
「足が熱い、眠れない」悩み解消には、ツボ押しも効果的です。

特におすすめするのが、足裏の「湧泉」(ゆうせん)というツボ。
土踏まずの少し上にあり、足の指を曲げたときに、
くぼみができる部分が、ちょうど湧泉にあたります。

湧泉は万能ツボとしても知られていますが、
特に血行不良や代謝アップの効果が期待できますから、
ぜひ足浴で温まったタイミングで、刺激してみてください。

▼足裏のほてり対策(2)足のストレッチ

足裏が熱い方の対策として、足のストレッチも有効です。

もっとも心臓から遠い足は、血流が弱くなりがちな場所です。
簡単なストレッチを行うことで足裏の筋肉を鍛えて、
足裏までしっかり届く“力強い血流”を目指しましょう!

取り入れていただきたい、足のストレッチを2種類紹介します。

▼かかとの上げ下げ

まずは、足首まわりや足底の筋肉を刺激するストレッチです。
まっすぐ立った状態で、かかとの上げ下げを行いましょう。
「10回×3セット」が目安です。

▼足指の曲げ伸ばし

次は、タオルを使って、足底の筋肉を鍛えるエクササイズです。
椅子に座って足の下にタオルを敷き、足指でタオルをたぐり寄せます。
「左右各10回×3セット」が目安です。

▼足裏のほてり対策(3)ふくらはぎストレッチやマッサージ

足裏のほてり解消には、ふくらはぎへのアプローチも有効です。

ふくらはぎは“第二の心臓”とも呼ばれている大事な部位。
疲労や運動不足でふくらはぎの筋肉が衰えると、
心臓へ血液を押し戻す力が弱くなり、末端の足で血行不良が起こります。

ふくらはぎへのアプローチを2種類紹介します。

▼ふくらはぎストレッチ

仕事や家事の合間など、すき間時間にできるストレッチを紹介します。

1)片脚の膝を立て、もう片方の膝は床につけます。
2)両手を膝の上に置き、立てた側の脚に体重をかけていきます。
3)このストレッチを、左右それぞれ10回×3セット行いましょう。

ストレッチをするときは、ふくらはぎに負荷がかかっていることを
意識しながら行うと効果的です。

▼ふくらはぎマッサージ

ふくらはぎ全体をさすり、もんであげてください。
行うタイミングは、入浴後もしくは足浴後が理想です。
足が温かくなっていますから、筋肉もほぐれやすいはずです。

その後、ふくらはぎを「外側・中央・内側」の3部位に分け、
それぞれをさすったり、もんだりしてください。
アキレス腱から膝に向かって、両手でさするのも有効です。

「足の裏が熱い!」悩みは、当院にお任せください

血行不良が原因で足裏が熱い場合、セルフケアでも改善は期待できますが、
ぜひ当院のフットケアコースもご利用ください。

フットケアコースでは、専用のフットバスで5分ほど足を温めた後、
足裏からひざ下まで施術。約40種の精油(キャリアオイル)の中から、
身体の状態や好みに合うものを選んで、その都度調合します。

足裏の反射区はもちろん、ふくらはぎにも十分アプローチします。
また全身の状態を整えるために、骨盤矯正も行います。

足の裏が熱い、眠れない……とお悩みの方は、ぜひ当院にお任せください!

※足のほてりが強い場合、病気が隠れている可能性もあります。
気になる症状がある場合は、医療機関の受診をおすすすめします。

ひどい肩こりや腰痛、産後の骨盤矯正などでお悩みの方へ
口コミサイトで常に高評価!阿佐ヶ谷の整体なら杉並区の研身整体院
JR阿佐ヶ谷駅から徒歩5分、体の歪みを根本から改善します!

割引クーポンと紹介特典も!
初めて来院されたお客さまに限り「10%割引」いたします。また、初来院の方を一緒にお連れいただくと、紹介者割引として紹介した方と紹介された方、お二人さまとも「10%割引」させていただきます。※こちらのクーポンページをご記入の上、来院の際にお持ちください。エキテンクーポンもご利用可能です。

特典クーポンはこちら

電話:03-5929-1577    受付:平日/10時~20時  土日祝/10時~19時

みなさん、こんにちは!
杉並区阿佐ヶ谷の整体、研身整体院の院長、小池研身です。

上にある物を取りたいのに、肩が痛くて腕が上がらない、
腕を上げることも後ろに回すこともできず、
洋服を脱ぎ着するときは、思わず悲鳴を上げてしまう……。

そんな「腕が上がらない」お悩みをお持ちではありませんか?

腕が上がらない原因は“筋肉群のチームプレイの乱れ”です。
当院では、関係する筋肉すべてにアプローチして、
「腕が上がらない」という症状改善のサポートを行っています。

腕を上げるとき、さまざまな筋肉が働く!

先ほど“チームプレイ”という言葉を使いましたが、
腕が上がるのは、筋肉群のチームプレイのたまものです。

私たちが腕を上げるとき、たくさんの筋肉が使われています。

赤い筋繊維の筋肉

たとえば、腕や肩回り、背中、そして胸周りの筋肉など。
それぞれが伸びたり縮んだり、上がったり下がったりします。

さまざまな筋肉が協力し、助け合うことではじめて、
「腕を上げる」という動作が可能になるのです。

ところが“調子の悪い筋肉”が出てくると、状況が一変します。

「硬くなっている」「弱くなっている」といった筋肉があれば、
どうにもこうにも、チームプレイがうまくいかなくなります。

そして、チーム全体のパフォーマンスが低下してしまうのです。

さらに、他の筋肉も調子を崩すことに

本調子でない筋肉があれば、他の筋肉にしわ寄せがきます。

働かない筋肉があれば、他の筋肉がカバーしようと頑張ります。
結果的に他の筋肉も疲れてしまい、機能低下を招くのです。

スポ―ツなら、疲れてしまった選手を交代することができます。
機械の場合も、調子の悪い部品を交換すれば元通りです。

でも筋肉には当然ながら、交代要員はありません。
今のメンバーのまま、何とか頑張ってもらうしかないのです。

そのためにも、調子の悪い筋肉の回復が重要なポイントです。

硬くなった筋肉をほぐしてあげる、弱くなった筋肉を強化する。
本来の働きをしていない筋肉を回復させることが、
チーム力を再び上げるためには、絶対に欠かせません。

施術では、さまざまな筋肉にアプローチ

腕が上がらない場合、さまざまな筋肉にアプローチして、
本来のチームプレイができるように状態を整えていきます。

特に丁寧に施術する主な筋肉は、次の通りです。

  • ・烏口腕筋
  • ・上腕二頭筋
  • ・小胸筋
  • ・肩甲下筋
  • ・大円筋
  • ・広背筋

この中でも特に、烏口腕筋と上腕二頭筋、小胸筋の3つの筋肉は、
肩甲骨につながっている大事な筋肉です。

これらの筋肉が緊張すると、肩甲骨を前に引き寄せる力が働き、
肩が内側に巻くような形、つまり“巻き込み肩”状態になります。

試しに肩を内側に入れて、巻き込み肩の状態を作ってください。
そして腕を上げる動作をしてみたら……どうでしょうか?

エプロン姿の中年女性

きっと、肩が巻いているということだけで、
腕が上がりにくいというのが、実感として分かると思います。
そう、肩が内側に巻くと、腕が上がりにくくなるのです。

ただし逆を言えば、肩の巻き込みをなくせばいいということ。

実際にこれら3つの筋肉を緩めて、肩甲骨を開放するだけでも、
ずいぶん腕が上がるようになります。

意外な重要ポイントが“脇”!

施術する中で、他にも重要視しているポイントがあります。

それが、毛細血管がいっぱい詰まっている“脇”。
脇をほぐすことで、筋肉にもいい影響を及ぼすことができるのです。

先ほど出てきた筋肉のうち、肩甲下筋と大円筋、広背筋の3つは、
脇の下を通っています。

つまり脇をほぐすことによって、これらの筋肉群に対しても、
間接的にアプローチすることが可能になります。

脇は、毛細血管がたくさん集まっている場所でもあります。
違う言い方をすれば、血行障害による筋肉疲労を起こしやすい場所。
脇をほぐすことで血流を促すことが、筋肉にもプラスに働くのです。

腕が上がらない悩みは、お任せください!

当院ではこのように、「腕が上がらない」という症状に対して、
関係するすべての筋肉や、脇に対してもアプローチを行います。

脇のコリというと、おそらく自覚のない方がほとんどでしょう。
でも実は、脇は知らない間に強力なコリを溜め込んでいる場所です。

施術では、かなり深い部分にまでアプローチするので、
中にはかなりの痛みを感じる方もおられます。

でも、これまで“手つかず”だった脇をほぐしたら、状況が一変!
脇の下がすーっと軽くなり、驚くほどすっきりします。

腕が上がらない原因は一つではありませんから、
身体の構造をふまえて、多角的なアプローチが必要になります。

これまで、腕が上がらず服の脱ぎ着などで不便を感じている方、
特に、これまで他の施術を受けても、なかなか改善しなかった方。

ぜひ当院にお任せください!

ひどい肩こりや腰痛、産後の骨盤矯正などでお悩みの方へ
口コミサイトで常に高評価!阿佐ヶ谷の整体なら杉並区の研身整体院
JR阿佐ヶ谷駅から徒歩5分、体の歪みを根本から改善します!

割引クーポンと紹介特典も!
初めて来院されたお客さまに限り「10%割引」いたします。また、初来院の方を一緒にお連れいただくと、紹介者割引として紹介した方と紹介された方、お二人さまとも「10%割引」させていただきます。※こちらのクーポンページをご記入の上、来院の際にお持ちください。エキテンクーポンもご利用可能です。

特典クーポンはこちら

電話:03-5929-1577    受付:平日/10時~20時  土日祝/10時~19時

みなさん、こんにちは!
杉並区阿佐ヶ谷の整体、研身整体院の院長、小池研身です。

腰痛が治らないとお悩みなら、原因は「脇」かもしれません。
「脇…?腰痛とどんな関係が?」と思う方も多いことでしょう。

そのカギを握るのは、脇を通る広背筋(こうはいきん)です。

何をしても腰痛が治らないとお悩みの方に向けて、
意外と知られていない「脇」の重要性や、
脇を緩めることによる腰痛改善効果についてお伝えします。

腰痛が治らないなら、広背筋をチェック!

腰痛には、実は意外な筋肉が関係しています。
それが、背中を覆う大きな筋肉である「広背筋」です。

広背筋については後ほど詳しくお伝えしますので、
まずは、次のセルフチェック行ってみてください。

(1)身体を前に倒す

立った状態で、ゆっくりと身体を前に倒します。
伸ばすときに、背中のあたりに意識を集中してください。

ぐーっと伸びる筋肉がありませんか?それが広背筋です。

前屈すれば、広背筋が伸びます。そのときに腰の痛みが増すなら、
腰痛が治らない原因は、広背筋の可能性が高いと言えます。

(2)腰をぐるぐる回す

次は、腰をぐるぐると回してみてください。

この回旋の動きをするときも、広背筋が使われています。
ぐるぐる回したときに、腰痛の症状はどうでしょうか?

回すことで腰の痛みが出てくる場合も、
腰痛が治らない原因は広背筋にあるかもしれません。

ところで、広背筋とは?

広背筋とは、どのような筋肉なのでしょうか?
腰痛との関係を知るためにも、ぜひ理解しておきましょう。

広背筋はその名の通り、背中を走る大きな筋肉です。
左右に一つずつあり、とても広い範囲に及びます。

広背筋

広背筋は腕のつけ根から脇の下を通り、背中へとつながります。
さらにそのまま、腰の上あたりまでつながっています。

日常生活では、物を持ち上げたり引っ張ったりといった
働きを担当する筋肉です。

そのため、普段から腕を使うことが多いと、
広背筋が筋肉疲労を起こしやすくなる傾向があります。

たとえば、一日中デスクワークで腕を酷使する方は、
知らない間に広背筋がガチガチに固まりがちです。

美容師や内職仕事などで、ずっと腕を動かしている方、
重い荷物を持ち上げる仕事をしている方なども、
広背筋が凝り固まっているケースが多々見られます。

もしも広背筋の凝りが原因で腰痛が起こっているなら、
痛みが出ている腰部分だけをほぐしても不十分です。
広背筋にもアプローチして、凝りをほぐすことが重要です。

広背筋への施術は、“脇”がポイント!

腰痛が治らない場合、当院では骨盤の状態や腰痛に関わる筋肉など、
さまざまな要素をチェックして、根本原因を探ります。

広背筋が原因であると分かった場合は、
骨盤の歪みを整えた上で、しっかり広背筋にアプローチします。

広背筋は大きな筋肉ですから、全体をじっくりほぐします。
中でも、重点的に施術を行うのが、「脇」の部分です。

その主な理由は、次の2つです。

(1)多くの筋肉が通るため

一つ目の理由は、「多くの筋肉が通るため」です。

脇は広背筋をはじめ、さまざまな筋肉が通過している部分。
つまり脇は、筋肉疲労を起こしやすい場所なのです。

たとえば、腕と肩甲骨をつなぐ小円筋(しょうえんきん)や、
肩関節を固定させる肩甲下筋(けんこうかきん)なども通ります。

それぞれの筋肉がお互いに関係しあいながら、脇を通過します。
筋肉の構造を把握した上で、丁寧にほぐすことが欠かせません。

(2)毛細血管が集まっているため

二つ目の理由は、「毛細血管が集まっているため」です。

脇は、たくさんの毛細血管が走っている場所の一つです。
つまり脇は、血行障害による筋肉疲労を起こしやすい部分なのです。

当院では、滞りがちな血の流れを助けてあげるためにも、
脇を理想的な状態に整えることを大事にしています。

なお、脇の施術は多くの場合、痛みが伴います。
深い部分にあるインナーマッスルにアプローチしますので、
中には、かなりの痛みを感じる方もおられます。

でも、終わった後は驚くほどの爽快感がありますし、
血流が促された気分になり、脇周りが軽くなるはずです。

ぎっくり腰への施術にも脇は大切です!

実はぎっくり腰の痛みにも、広背筋への施術は有効です。

これまで、ぎっくり腰になり痛みで歩くこともままならず、
ご主人に担ぎこまれた方も何人かおられました。
もちろん施術ベッドに寝転ぶのもやっとの状況です。

腰が痛い中年女性

腰そのものを押してほしいと言われる方もおられますが、
激しい痛みが出ている場合、腰への施術は逆効果です。

気持ちは分かりますが、腰を触らない方が良いのです。

過緊張を起こしてしまっている腰に直接アプローチすれば、
血流が促されて、緊張緩和に役立つのは事実です。

ただし同時に、痛み物質もたくさん放出されます。

結果として、痛みの緩和にはつながらないどころか、
かえって痛みを引き起こすことにもなりかねません。

そこで当院では、敢えて腰自体には施術を行わず、
腰痛の原因となる広背筋を、少しずつ緩めていきます 。

その他、太ももの裏を通るハムストリングスや、
お尻から脚にかけて走る梨状筋(りじょうきん)など、
腰に影響する筋肉を緩める施術も丁寧に行います。

ぎっくり腰の辛い痛みが、完全にとれるわけではありませんが、
多くの場合、1時間ほど施術することで楽になります。

かつぎ込まれてきた方であっても、帰るときは大丈夫。
ご自身で立ち、しゃがんで靴を履いて帰って行かれます。

まとめ

腰痛が治らない場合、広背筋が原因かもしれません。
ぜひ紹介したセルフチェックを試してみてください。

前にかがんだり、ぐるぐる回したりしたときに、
腰の痛みが増すなら、おそらく広背筋が関わっています。

広背筋は、ご自身でのケアは困難です。

なにぶん大きいですし、他の筋肉とも関連しています。
ぜひ広背筋が原因の腰痛は、当院にお任せください!

ひどい肩こりや腰痛、産後の骨盤矯正などでお悩みの方へ
口コミサイトで常に高評価!阿佐ヶ谷の整体なら杉並区の研身整体院
JR阿佐ヶ谷駅から徒歩5分、体の歪みを根本から改善します!

割引クーポンと紹介特典も!
初めて来院されたお客さまに限り「10%割引」いたします。また、初来院の方を一緒にお連れいただくと、紹介者割引として紹介した方と紹介された方、お二人さまとも「10%割引」させていただきます。※こちらのクーポンページをご記入の上、来院の際にお持ちください。エキテンクーポンもご利用可能です。

特典クーポンはこちら

電話:03-5929-1577    受付:平日/10時~20時  土日祝/10時~19時

1 2 3 4 5

阿佐ヶ谷の整体 研身整体院 肩こり腰痛・カイロ・アロママッサージ
当院には、「マッサージを受けてもその場だけ」「楽な身体が持続しない」など「いろいろ試したけど無駄だった」という方が多く来院され、当院独自の「歪みを正し、体幹を強化する施術」により、痛みから卒業されています。

03-5929-1577

【受付時間】 10時~20時 (土日祝は~19時まで)/ 定休日 毎週火曜

  • ご予約・お問い合わせ
  • アクセス地図

杉並区阿佐ヶ谷の研身整体院には、南阿佐ヶ谷・高円寺・荻窪・西荻窪・中野区の他、江東区・目黒区・大田区・世田谷区
豊島区・北区・板橋区・足立区・葛飾区・横浜市内・川崎市内・千葉県内などから、多くのお客様にご来院頂いてます。

初回限定!割引クーポン

整体院の特徴と方針

研身整体院の特徴と施術方針とは?

研身院長ってどんな人?

年別のコラム記事は…

定休日 臨時休業 臨時営業 時間変更

  • 研身整体院、モバイルサイト
  • お役立ち情報満載、メールマガジン
  • クレジットカード利用可能