症状別の悩みコラム 杉並区阿佐ヶ谷の研身整体院(南阿佐ヶ谷)

ご予約・お問い合わせはコチラ

03-5929-1577

受付時間 10:00~20:00 (土日祝は~19:00)/ 定休日 毎週火曜日(臨時休業あり)

症状別の悩みコラム 杉並区阿佐ヶ谷の研身整体院(南阿佐ヶ谷)

みなさん、こんにちは!
杉並区阿佐ヶ谷の整体、研身整体院の院長、小池研身です。

爪が周囲の皮膚に食い込む陥入爪(かんにゅうそう)は、
悪化すると肉芽(にくが)が生じ、痛みが強くなります。

巻き爪を矯正し、陥入爪を自力で治す方法として、
コットンパッキングとテーピング法が知られています。

どちらも陥入爪の原因は解消しません。あくまで応急処置です。
ただし、辛い痛みを一時的にやわらげる効果は期待できます。

今回は、陥入爪を自力で治す方法として知られる
コットンパッキングとテーピング法の具体的な手順を紹介。
さらに根本原因を取り除く方法として、ツメフラ法を紹介します。

陥入爪の二大セルフケアを紹介

まず、陥入爪をご自分で治す方法として有名なものには、
下記のセルフケアがありますので、それぞれ見てみましょう。

1)コットンパッキング

「コットンパッキング」とは、食い込んだ巻き爪と皮膚の間に、
小さく丸めたコットンをはさむ方法です。

コットンの大きさは米粒大が目安です。ピンセットや爪楊枝など、
先がとがった道具を使い、すき間にコットンをはさみましょう。

材料も少なく手順も簡単なので、思い立ったらすぐ、
自宅で手軽にできるのがコットンパッキングの魅力です。

ただし基本的には、コットンパッキングはあくまで応急処置です。
続けると爪が反り上がり、より複雑な巻き爪になる恐れがあります。

また、痛いだけではなく肉芽ができている場合や、炎症によって
化膿している場合などは、症状をさらに悪化させることもあります。
すき間がほぼないのに、無理やりコットンを詰め込むのも危険です。

2)テーピング法

コットンをはさむすき間がない場合の巻き爪対策として、
伸縮性のあるテープを使った「テーピング法」が知られています。

テープの主な巻き方には、次の種類があります。

1:爪と皮膚の間を広げる方法

まずは、テープの端をできるだけ爪の横ギリギリに貼ります。
爪と皮膚の間を広げるような感覚で強く引っ張りながら、
指の下を通して、反対側までテープを回します。

続いて、指の下から回したテープを、指の上を斜めに回しながら
しっかりと引っ張り、指の上に貼って固定します。

反対側も同様に貼りましょう。引っ張りながら貼るのがコツです。

2:爪と皮膚の間にテープをはさむ方法

まずは、爪を囲むようにテーピングします。
テープが3ミリほど、爪にかかる感じで貼ってください。
先ほどの約3ミリの部分を、ピンセットや爪楊枝などを使って、
食い込んだ爪の内側に詰め込みます。

強く引っ張るのではなく、指のカーブに沿うようにして、
やさしく貼るのが、このテーピング法のポイントです。

どちらのテーピング法も、痛みを感じる場合はやめましょう。
無理やり行うと、陥入詰めの症状を悪化させる恐れがあります。
コットンパッキングと同様、あくまで応急処置です。

陥入爪の原因は、トゲ状になった爪!

陥入爪を自分で治す方法として、有名なものをご紹介しました。
これらはあくまで応急処置であり、根本的な解決にはなりません。

なぜなら陥入爪が痛みを引き起こす原因は、トゲ状に尖り、
残ってしまっている爪の端(爪棘:そうきょく)だからです。
つまり、爪を爪棘ができない状態に整えてあげない限り、
陥入爪の問題は解決しないのです。

陥入爪

では、なぜ爪棘ができるのでしょうか?
その主な原因はずばり、爪の切り方にあります。

短く切りすぎて、いわゆる深爪になると、爪が伸びてきたときに
爪による押さえがきかなくなり、皮膚の軟部組織が隆起してきます。
そして伸びてきた爪が軟部組織を押し、陥入爪になります。

病院に行くと、症状に応じた治療や、場合によっては手術が行われます。
たとえば、爪が刺さっている部分を斜めに切り取る処置(フェノール法)や、
爪の端を縦に切除し、新たに爪が作られる部分(爪母)を焼く手術が一般的です。

こうした治療や手術は、「爪の端を切ると、その部分はなくなるから、
もう巻き爪になることもない」という理論で行われています。

ただし爪の両端というのは、本来皮膚としっかり接合し、安定しています。
爪と皮膚を切り離してしまえば、爪が揺れやすくなり、不安定な状態に。
その結果、また爪が巻いてしまうという悪循環が起こりやすいのです。

当院では、ツメフラ法で陥入爪にアプローチ

そこで当院では、陥入爪の原因である爪棘の問題を解消し、
陥入爪をできるだけ、繰り返さないための根本的な矯正法として、
医師考案の専門器具を使用し、痛みのないツメフラ法を採用しています。

爪棘だけを切って終わりではなく、爪全体の健康を取り戻す施術です。

爪は、異なる性質を持つケラチンで作られた3つの層が重なることで、
一枚の爪を形成しており、もっとも下の層を第三層と呼びます。

この第三層が収縮と膨張を繰り返すことで横幅が短くなると、
爪が巻くようになり、何度も繰り返す巻き爪の原因になります。

そこで十分な時間をかけて足浴していただき、第三層を柔らかくした上で、
第三層のケラチン除去を行います。特に初回はかなり時間をかけます。
その後、状態に適し矯正器具をつけることで、陥入爪を矯正します。

無理やり切ったり、引っ張ったりといった施術は一切ありません。
痛みのない施術ですから、安心してご利用ください。

陥入爪を自分で治す方法を試してきたけれど、いっこうに治らない、
肉芽ができてしまって、歩くたびにズキズキ痛んで辛い方、
ぜひお早めに、当院にご相談くださいませ!

ひどい肩こりや腰痛、産後の骨盤矯正などでお悩みの方へ
口コミサイトで常に高評価!阿佐ヶ谷の整体なら杉並区の研身整体院
JR阿佐ヶ谷駅から徒歩5分、体の歪みを根本から改善します!

割引クーポンと紹介特典も!
初めて来院されたお客さまに限り「10%割引」いたします。また、初来院の方を一緒にお連れいただくと、紹介者割引として紹介した方と紹介された方、お二人さまとも「10%割引」させていただきます。※こちらのクーポンページをご記入の上、来院の際にお持ちください。エキテンクーポンもご利用可能です。

特典クーポンはこちら

電話:03-5929-1577    受付:平日/10時~20時  土日祝/10時~19時

みなさん、こんにちは!
杉並区阿佐ヶ谷の整体、研身整体院の院長、小池研身です。

日本人のうち、10人に1人が悩んでいると言われる巻き爪。
化膿するとズキズキ痛み、爪切りはもちろん歩くのも辛くなります。

巻き爪の治療や矯正には、手術を含めてさまざまな方法があります。
どれを選ぶべきか、長年迷っている方も多いのではないでしょうか?
当院では、痛い思いをせずに巻き爪を矯正する「ツメフラ法」を採用。

巻き爪とは?悪化すると化膿で歩行困難に

巻き爪とは、何らかの原因で爪の端が丸く巻くことを指しています。
特に巻き爪になりやすいのが、歩く際に大きな負担がかかる親指です。

一言でいっても、下記の種類があります。

  • ・陥入爪(かんにゅうそう)
  • ・弯曲爪(わんきょくそう)
  • ・爪甲鈎弯症(そうこうこうわんしょう)

大半を占めるのが、爪が皮膚に食い込む「陥入爪」です。
症状が悪化すると、ズキズキとした激しい痛みを引き起こし、
さらに化膿や炎症が起きてしまうと、歩くのも困難になります。

巻爪

巻き爪に悩む方は、なんと8割強もの割合で、
外反母趾や、指の付け根のアーチが平らになる開帳足など、
他の足のトラブルも併発していることが分かっています。

巻き爪や外反母趾などの痛みによって
足を動かすことがおっくうになると、運動不足になり、
筋力が落ち、筋肉のポンプ作用が衰えます。

すると、血液やリンパの流れも滞りがちになり、
その影響は全身に……という結果を招きかねません。
たかが巻き爪じゃないと思わず、早めの対策が重要です。

タイプによって異なる原因と治し方とは?

巻き爪の原因は、どのタイプかによっても異なります。
特に多い陥入爪の原因は「深爪」「合わない靴」「ケガ」

基本的に自然治癒はしません。 日常生活に影響を及ぼすなら、
医院や専門クリニック、皮膚科などで矯正または治療が必要です。

医療機関などで行う巻き爪処置には、さまざまなものがあります。

たとえば、「食い込んでいる爪を切る」という方法です。
手軽ではありますが、巻き爪の原因そのものが改善しないため、
生えてくるとまた巻き爪になり、何度も通わなければいけません。

他には、爪の両端に穴を開け、ワイヤーを差し込むことで、
矯正する「超弾性ワイヤー」という手法も広く行われています。
この手法も爪が割れたり変形したりしてしまう可能性があります。

悪化した場合は、巻き爪を丸ごと根元まで切り取った上で、
爪が生えてこないように薬液を塗る「フェノール法」という、
巻き爪の手術を行うことも一般的に行われています。

このフェノール法も、爪の見栄えが悪くなる上に、
再発する可能性が高く、完璧な治療法とはいえません。

このように巻き爪処置にはさまざまな方法がありますが、
痛みを伴ったり、再発したりとデメリットがあります。

巻き爪に悩むお客様には、治らないと考えて、
すでにあきらめてしまっている方が大半でした。
辛さを伴うことなく、巻き爪を矯正する方法はないか。
いろいろ探す中で出会ったのが、ツメフラ法だったのです。

「今までに紹介されている巻き爪療法とはまったく違う!」

特に理論がまったく違いますし、矯正の方向も違います。
初めて知った時はとても期待ができる療法と実感しました。

オススメ!短時間で矯正できるツメフラ法

ツメフラ法とは、現役医師が開発した巻き爪矯正法。
「ツメフラシリーズ」と呼ばれる器具の数々を使用して、
巻き爪をごく短時間に、指に合った最適な形に矯正します。

ツメフラシリーズの器具は、あらゆるタイプの巻き爪に、
しっかり対応できるよう、複数の器具が用意されています。
素材は外科手術でも使われる安全なもので、柔らかいものです。
そのため、靴下や靴を履いていたとしても、違和感がありません。

特許のリフターを使用することで、15~45分で矯正できます。
ただし、最初の施術は問診や観察、足浴などに時間が必要です。

ツメフラ法は、爪の性質をとても重視しています。
爪の一番下にある第三層は、水とよく合う性質があり、
そのため、時間をかけて水に浸すことが重要になるので、
足浴するにはある程度、まとまった時間が必要になります。

問診から施術終了まで、90~120分かかる場合もありますので、
実際に当院に来院する際は、なるべく余裕をもってお越しください。

ツメフラ法が受けられるのは認定院のみ!

ツメフラ法が受けられるのは、ツメフラ協会で認定した院や店舗のみ。
杉並区阿佐ヶ谷や、荻窪・高円寺などで受けられるのは、当院だけです。

ツメフラの料金は下記のとおり。

  • <初回>
  • ・軽度 …… 12,800円(装具代含む)
  • ・中度 …… 14,800円(装具代含む)
  • ・重度 …… 18,800円(装具代含む)
  • <2回目以降>
  • ・軽度  ……  4,900円
  • ・中度  ……  6,900円
  • ・重度 …… 11,000円
  • ※一爪あたりの料金になります
  • ※軽度、中度の方で施術回数平均2~3回
  • ※装具を紛失した場合は、別途費用がかかります
  • ※爪の状態や強さにより、回数が変わる事もあります
  • ※現金もしくは、クレジットカードでの決済が可能です

ご不明な点がありましたら、まずはお気軽に問合せください。

巻き爪でお悩みの方は一度ご相談ください

巻き爪人口は多く、10人に1人もいるのだとか。
実際に当院に来られるお客様にも巻き爪の方は多く、
良い施術に巡り会えず、長年悩む様子を見てきました。

ツメフラ法を知ったのは、家内からの情報がきっかけです。

施術する中で、外反母趾に関してはお手伝いができるものの、
巻き爪に対しては手が打てず、「私の領域なのでは?」と、
胸の内でくすぶるものを抱えていました。

交流のある整体院の先生やツメフラ法を知った家内から、
「あなたは巻き爪矯正に興味がないの?」と話しかけられ、
私の琴線に触れたのが、ツメフラ法を勉強したスタートです。

巻き爪矯正の受講風景

足のトラブルは身体全体のトラブルに発展します。
例えば、ご自身の足のサイズを考えてみてください。
女性でも20cm強、男性でも大きくても30cmでしょう。

たったそれだけの面積で、身体全体を支えていたり、
バランスをとったり、常に頑張ってくれているのです。

巻き爪で痛いため、足のバランスをくずし、
バランスを保とうと身体のどこかで安定しようとする。
すると、将来的に身体全体のアンバランスになってしまう。

こんな事態から大事な足の爪の状態を守るためにも、
ツメフラ法で何とかしてあげたいと思っています。

ツメフラ法は技術とセンスを要する矯正法だと感じますが、
とても楽しみです。巻き爪でお悩みの方はぜひご相談ください!

ひどい肩こりや腰痛、産後の骨盤矯正などでお悩みの方へ
口コミサイトで常に高評価!阿佐ヶ谷の整体なら杉並区の研身整体院
JR阿佐ヶ谷駅から徒歩5分、体の歪みを根本から改善します!

割引クーポンと紹介特典も!
初めて来院されたお客さまに限り「10%割引」いたします。また、初来院の方を一緒にお連れいただくと、紹介者割引として紹介した方と紹介された方、お二人さまとも「10%割引」させていただきます。※こちらのクーポンページをご記入の上、来院の際にお持ちください。エキテンクーポンもご利用可能です。

特典クーポンはこちら

電話:03-5929-1577    受付:平日/10時~20時  土日祝/10時~19時

みなさん、こんにちは!
杉並区阿佐ヶ谷の整体、研身整体院の院長、小池研身です。

多くの女性が抱えている悩みの一つといえるのが、足のむくみ。
一時的なものもあれば、腎臓の病気が隠れていることもあります。

より効果的に対策するには、まずはむくみのメカニズムや、
足のむくみの原因を正しく知ることが欠かせません。

足のむくみを解消するために役立つ知識と、
整体施術による解消法などについて解説します。

むくみが起こるメカニズムとは

医学用語でむくみは、浮腫(ふしゅ)と言いますが、
どのようなメカニズムで引き起こされるのでしょうか?

むくみの正体は、血管の中からしみ出した水分。
専門的な用語では「細胞間質液」と呼ばれており、
増えすぎた細胞間質液がむくみを引き起こすのです。

細胞間質液はその名の通り、細胞と細胞の間を埋める水分です。
各細胞に酸素や栄養を運んだり、細胞から老廃物を取り込み、
外へ排出したりする大切な役割を果たしています。

血管から出て細胞間質液となった液体は、大事な役目を終えると、
静脈へと戻ります。一部はリンパ管に吸収されて排出されます。

ところが、何らかの原因によって、

  • ・静脈へと戻る細胞間質液が減る
  • ・動脈から出てくる細胞間質液が増える
  • ・リンパ管に吸収される細胞間質液が減る

といった状況になると、水分が余りがちになります。
その結果、細胞の間に水分が増え、むくみが生じます。

足のむくみが生じる原因を紹介

細胞間質液によって、足のむくみが生じる原因はさまざま。
一過性のものや腎臓のトラブルが引き金になる場合も。
正しく対処するためにも、原因を見てみましょう。

1)長時間の起立や歩行

特に多い原因は、長時間の起立や歩行でしょう。
私たちの全身には、血液が張り巡らされています。

本来、静脈を流れる血液は重力に逆い、心臓へと向かって流れますが、
長時間の起立や歩行で立っている状態が長いと、重力もかかり続けます。

すると血液はスムーズに戻れず、身体の下部、足にたまりがちになり、
細胞間質液が多くしみ出し、足のむくみの原因になってしまいます。

ただし、長時間の起立や歩行によるむくみは、基本的に一時的な症状のため、
入浴や休息などによって血行が回復すれば改善しますが、時間が経っても、
改善しない場合や同時に肩や首がこっている場合は対策が必要です。

2)運動不足による筋力不足

運動不足による筋力不足も、主な原因の一つです。
下半身に流れた血液が心臓へと戻っていく場合など、
ふくらはぎにある筋肉が重要な役割を果たしています。

このふくらはぎが収縮することでポンプのように機能し、
上部にある心臓へと血液を押し戻してくれていますが、
筋力が不足していると、ポンプ機能が低下します。

すると血液がうまく戻せない状態が慢性化し、足に血液がたまり、
細胞間質液がしみ出して、むくみの原因になってしまいます。

3)水分・塩分の摂り過ぎ

水分や塩分の摂りすぎも、よくある原因の一つ。
水分を過剰摂取すると、血液中の水分が増加します。

塩分を摂りすぎると、血液中のナトリウム濃度を薄めようと、
身体は一時的に血液内の水分を増やそうとします。すると、
血液内から水分がしみ出して、むくみを招きます。

4)下肢静脈瘤

下肢静脈瘤によって、足がむくむというケースもあります。
女性に多い下肢静脈瘤は、足の血管がこぶのように膨らんで、
足がつる、皮膚が変色する、かゆいなどの症状が現れる病気です。

この下肢静脈瘤の症状の一つに、足のむくみがあります。
下肢静脈瘤によって血液の逆流を防ぐための静脈弁が壊れると、
血液が逆流し、血液が足にたまり、むくみを招いてしまうんですね。

下記、参考記事にあるようにむくみを感じている人の6人に1人は、
隠れ下肢静脈瘤という結果も出ていますので、他人事ではありません。

悪化すると溜まった血液で肌が黒ずんだり、かゆみや湿疹が出たりします。
思い当たる症状が具体的にある場合、まずは医療機関を受診しましょう。

参考:むくみを感じている人の6人に1人は隠れ下肢静脈瘤?

5)腎臓の疾患

何らかの内臓疾患が原因で、足がむくむ場合もありますす。
特に多い原因として挙げられるのが、腎臓の疾患です。

腎臓は血液をろ過し、尿を作る内臓ですが、腎臓が弱ると尿の量が減ります。
すると体内に余分な水分が溜まり、むくみの原因になることがあります。

腎臓が原因の場合、左右対称のむくみが特徴です。
指で10秒以上強く押えていると、へこみが残ることや、
最初は足首のくるぶし付近にむくみが見られることもサイン。
思い当たる場合は、できるだけ早急に医療機関を受診しましょう。

参考:日本腎臓学会「腎臓がわるくなったときの症状」

このように、むくみにはさまざまな原因があります。
長時間の立ち仕事をしたわけでもないのに足がひどくむくむ場合や、
慢性的なむくみでお悩みの場合は、まずは専門医を受診しましょう。

当院の足のむくみ対策整体とは

このような原因のうち、下肢静脈瘤や腎臓の疾患は、
しかるべき治療を適切な医療機関で受けることが大切。
水分や塩分の摂りすぎの場合は、生活習慣を改めましょう。

むくみを気にする女性

濃い味が好きで減塩にどうしても慣れない方は、
なるべく塩分量を減らし、カリウムを豊富に含む、
フルーツ類をたっぷり食べることをおすすめします。

長時間の起立や歩行、運動不足による筋力不足の場合は、
当院で行っているむくみ対策施術をオススメします。

具体的なアプローチ方法と効果

足のむくみでお悩みの場合は、すべての不調のもととなる骨盤を、
本来の状態に矯正した上で、次の点を重視して施術を行います。

1)ふくらはぎに対してのアプローチ

むくみ対策のためには、下半身に溜まっている血液を、
上半身へ押し戻しやすい状態を作ることが欠かせません。

当院では重要なふくらはぎに対し、丁寧にアプローチを行います。
ポンプ機能をもつふくらはぎですが、長時間の同じ姿勢や運動不足、
冷えなどの原因によって、硬く緊張した状態にこわばってしまいます。

特に大切なのが、ふくらはぎを構成する腓腹筋やヒラメ筋といった筋肉。
これら筋肉の状態を見極めた上で、本来の機能が働く状態に整えます。

2)下肢全体に対してのアプローチ

私たちの身体の筋肉のうち、7割強が下半身にあります。
ふくらはぎを中心に下肢の筋肉をしっかりと整えることが、
むくみを解消し、しいては、むくみ知らずの脚へと導きます。

特にハムストリングス(半腱様筋・半膜様筋・大腿二頭筋)や、
下腿三頭筋(ふくらはぎ)前面の筋肉(大腿四頭筋)などの下半身、
骨盤の大腿骨頭小転子に付着する腸腰筋はむくみ解消に欠かせません。

このような筋肉の緊張状態を整体の施術で緩めることで、
筋肉が本来持つポンプ運動を活性化させ、血流を促します。

3)フットケアコースとの併用

当院では整体以外にも、フットケアコースもご用意しています。
整体で全体調整した後、足裏の反射ゾーンを刺激することで、
血液やリンパの流れを無理なくスムーズに促進させます。

フットケア

その際、約40種にも及ぶ精油(キャリアオイル)の中から、
身体の状態や好みに合うものを選んで、その都度調合します。
精油にはリラックス効果もあるため、むくみ解消にオススメです。

足のむくみは一過性の場合、さほど心配する必要はありません。
ゆっくり入浴し、横になって一晩休めば、症状の多くは解消しますが、
むくみがひどくて痛みが出ていたり、慢性化している場合は対策が必要。

ご紹介した原因のうち、どんなケースに相当するかを検討した上で、
足のむくみ解消のため、お早めに正しい対処法をお取りください。

ひどい肩こりや腰痛、産後の骨盤矯正などでお悩みの方へ
口コミサイトで常に高評価!阿佐ヶ谷の整体なら杉並区の研身整体院
JR阿佐ヶ谷駅から徒歩5分、体の歪みを根本から改善します!

割引クーポンと紹介特典も!
初めて来院されたお客さまに限り「10%割引」いたします。また、初来院の方を一緒にお連れいただくと、紹介者割引として紹介した方と紹介された方、お二人さまとも「10%割引」させていただきます。※こちらのクーポンページをご記入の上、来院の際にお持ちください。エキテンクーポンもご利用可能です。

特典クーポンはこちら

電話:03-5929-1577    受付:平日/10時~20時  土日祝/10時~19時

1 2 3 4 5

阿佐ヶ谷の整体 研身整体院 肩こり腰痛・カイロ・アロママッサージ
当院には、「マッサージを受けてもその場だけ」「楽な身体が持続しない」など「いろいろ試したけど無駄だった」という方が多く来院され、当院独自の「歪みを正し、体幹を強化する施術」により、痛みから卒業されています。

03-5929-1577

【受付時間】 10時~20時 (土日祝は~19時まで)/ 定休日 毎週火曜

  • ご予約・お問い合わせ
  • アクセス地図

杉並区阿佐ヶ谷の研身整体院には、南阿佐ヶ谷・高円寺・荻窪・西荻窪・中野区の他、江東区・目黒区・大田区・世田谷区
豊島区・北区・板橋区・足立区・葛飾区・横浜市内・川崎市内・千葉県内などから、多くのお客様にご来院頂いてます。

初回限定!割引クーポン

整体院の特徴と方針

研身整体院の特徴と施術方針とは?

研身院長ってどんな人?

年別のコラム記事は…

定休日 臨時休業 臨時営業 時間変更

  • 研身整体院、モバイルサイト
  • お役立ち情報満載、メールマガジン
  • クレジットカード利用可能